ROOTO

根管治療他院で抜歯と言われた方 その歯、あきらめないでください

デンタルテラス 堀江

できるだけ歯を抜かない
虫歯の再発をできるだけ防ぐ為に
最新の設備と治療を完備している

他の歯医者さんから、「抜歯」(歯を抜かないといけません)と診断をうけた患者様。
まだあきらめないでください。当院の最新の設備と技術で質の高い治療が提供できます。
もしかすると、その歯を救えるかもしれません。

院長が大学病院で歯を残す医局に所属していたこともあり、
できるだけ歯を抜かないこと、また新たな虫歯の再発を可能な限り防ぐ治療を自信をもって行っています。

そして当院では、無料で主治医以外の意見を聞くことのできる
セカンドオピニオンを実施していますので、
治療に関する悩みや不安を別のドクターにもご相談可能です。

当院の根管治療の特徴について about

マイクロスコープを使った精密治療

マイクロスコープとは、高倍率で治療部位をみることができる顕微鏡になります。
肉眼では確認できないところまで、確認することができ、より精度の高い治療を行うことが可能です。治療の部位をしっかりと確認することができるため「抜歯」というケースを防ぐことができます。

CTを使った三次元のレントゲン撮影

よく皆さんがみるレントゲンというのは一般的には二次元のレントゲンです。
通常の根管治療では、この二次元のレントゲンで撮影された画像では実はすべての箇所を診ることができません。この立体であらゆる角度から様々な部位を確認することにより問題のある箇所を見落としすることなく、正確な治療ができます。
それにより、再発のリスクをできるだけ抑えることが可能になります。

ラバーダムを利用した細菌感染予防

ラバーダムとは治療部位以外の歯にかぶせるシートのことです。
薄いゴム製のシートをかぶせることにより、細菌が治療している歯に侵入することを防ぐ役割があります。実はお口の中は唾液等に含まれる細菌でいっぱいなんです!
ラバーダムをすることにより、細菌感染を防ぎ、治療後に、同じ箇所に痛みがでてくる原因を防ぎます。

根管長測定器を使用し、
根管の深さを計測

治療をする際には、まずは正確に根管の深さを把握しなければいけません。
そのために、この根管長測定器を利用します。これは根の先まで正確に計測できる器材です。

レーザーを活用し、
口腔内を殺菌!

様々な治療にレーザーを導入しています。
根管治療も例外ではありません。レーザーを利用することで、口腔内の隅々まで殺菌することが可能です。またこのレーザーは細菌が感染しているところに反応する為、健康的な歯に影響はございません。

根管の中までキレイに!
EDTA&次亜塩素酸ナトリウム

治療をしていると、削ることにより削りカスが発生します。
この削りカスにも細菌が多く含まれます。痛みが再発する原因のひとつに、この削りカスをそのままにして、治療を終えてしまうケースがございます。
当院ではこのEDTAと次亜塩素酸ナトリウムを使い、削りカスを溶かし、消毒することで、綺麗な状態にすることで再発のリスクを防いでいます。

MTAセメントを使用

根管治療の最後は、根管内に神経に代わるお薬を詰めます。
保険治療で使用される一般的なお薬と違い、MTAセメントを用いることで、痛みの再発リスクを軽減させます。

難症例にも対応!!

歯根端切除や破折歯芽再植、歯根嚢胞摘出などの非常に難しいと言われる症例にも当院は対応しております。他の医院では、治療ができないと診断された患者様を多く見ています。
それが可能なのは認定医が在籍しており非常に高い技術をもった治療が適用できるからです。ぜひご相談ください!