Caries

虫歯歯が痛む・しみる

デンタルテラス 堀江

少し違和感の時点で
診察させてください!

虫歯は特にしみる・ズキズキといった症状があります。
歯に穴が空いていない場合でも、そのような症状があれば虫歯の可能性があり、 このまま放っておくとその分、治す期間・費用がかかります。
「食事の時に歯がしみる」「歯がズキズキ痛む」などの症状がある方は早急に診てもらいましょう。
早めの対処で痛みも軽減されます。

なるべく痛くない治療

虫歯治療は痛いというイメージを持たれている方が多いと思います。
当院では、日々技術研鑽しながら、様々な方法を用いて、痛みが少ない治療を実践しています。

できるだけ削らない

一度削ってしまうと元に戻らない歯だからこそ、当院ではルーペ(拡大鏡)やマイクロスコープというものを使用し、最低限の虫歯だけ取り除き、極力歯を削らない方法を実践しています。
使用するドリルも極小のものを使用するため、より細かく精密に虫歯を取り除くことができます。

可能な限り抜かない

歯は一生ものです、一度抜いてしまうと元には戻りません。
当院ではできるだけ歯を残すための治療方法があります。
“虫歯が深くて抜く必要がある“と指摘を受けた方、ぜひご相談ください。

なるべく痛くない
治療の取り組み manage the pain

塗り薬をして注射針の感覚を鈍くします

point01

突然針を刺されるのは痛い・怖い、という嫌なイメージがあります。
当院では麻酔針が入る部分を、事前に感覚を緩和させる塗り薬をしています。

電動麻酔注射を使用

point02

麻酔液を急激に注入することは、痛みに繋がります。
電動麻酔注射は、一定の圧力で注入でき、ゆっくりと時間をかけることで気分を悪くさせることもなく安心です。
さらに、極細の針を使用しているので、より麻酔時の痛みを抑えることができます。

5倍速コントラ

point03

通常虫歯を削るときはタービンと呼ばれる器具を使用するため、「キーン」と嫌な音がするのと、怖い感覚があると思います。 当院では“5倍速コントラ”という器具を使用し、歯医者さんでよく聞く「キーン」とした嫌な音も無く、振動も少ないので痛みも緩和できます。

できるだけ削らない
取り組み minimum Intervention

拡大鏡・マイクロスコープを使用

point01

肉眼で虫歯を取り除くと、余分に健康な部分も削る必要があります。
“マイクロスコープ”と呼ばれる歯科用顕微鏡を使用することで最低限の虫歯だけ取り除き、極力健康な歯を残します。

極小のドリル
「MIバー」を使用

point02

虫歯を削るバーは「MIバー」という極小のものを使用することで、細かく精密に取り除くことができます。

う蝕検知液

point03

どこまで虫歯が残っているのか確認するために、検知液を使用することで虫歯部分のみ色分けされ、余分な部分を削る心配がありません。

可能な限り
抜かない取り組み not pull out teeth

MTAセメント

point01

虫歯が重度まで進行すると通常は歯の神経の治療が必要となります。
神経の治療をすると歯の寿命が短くなり抜歯の可能性が高くなります。
当院では虫歯が深い場合でも、極力神経を残すために“MTA“と呼ばれるセメントを使用し、歯を長持ちさせる治療ができます。

精密根管治療

point02

歯の神経を取り除く治療をすると、歯の寿命が短くなりますが、その根管治療でマイクロスコープを用い、より精密に根の先端まで丁寧に汚染された部分を洗浄していきます。
そうすることで歯の寿命をできるだけ長くすることができます。