Pregnant

妊娠中のママさんへ赤ちゃんがお腹にいる時から口腔ケアは始まっています

デンタルテラス 堀江

この度はご懐妊
おめでとうございます!

これからお母さまの口腔ケアが赤ちゃんにも影響を及ぼします。
お身体、赤ちゃん、そして口腔内を大切に守りましょう。

歯の治療の中には期間がかかるものもあります。
また、妊娠期の体調の変化や母体・赤ちゃんへの影響・精神的な負担を考えると、
妊娠時や出産後の授乳・育児の期間に歯科治療を受けなくて済むように事前に
健診や治療を受けておきましょう。

妊娠中の体の変化 change

妊娠初期

point01

(0〜15週/0〜4ヶ月)
・胎児の形成が起きる
・基礎体温の高温状態が続く
・お腹が張ったり腰が重く感じる
・吐き気などつわり症状が始まる
・尿の回数が増える
・精神的に不安定になる

妊娠中期

point02

(16〜27週/5〜7ヶ月)安定期
※歯科治療を行える時期
・尿の回数が多くなる
・便秘になりやすい
・乳房や下腹部か張る
・体重が増える

妊娠後期

point03

(28〜39週/8〜10ヶ月)
・胎動が激しくなる
・食欲が出てくる
・足の付け根が痛み、攣ることがある
・お腹の膨らみがわかり始める

大切なのは予防 importance of prevention

虫歯や歯周病を予防するためには、口腔内を清潔に保つことが大切です。ご自分に合う歯磨き指導を受け、正しいブラッシング習慣を身につけましょう。

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクがある上に、これらの初期症状に気づきにくいものです。つわりがおさまる4~5か月頃に歯科健診を受けて、比較的体調が安定している期間に必要な歯科治療を済ませておきましょう。

エックス線撮影の胎児への影響

歯科治療で用いられるレントゲンの放射量はごくわずかです。照射部位も子宮から離れているので赤ちゃんにはほとんど影響はありませんが、妊娠していることを事前に伝えておきましょう。

治療時の麻酔の使用

歯科治療に用いられる麻酔は局所麻酔なので、使用料もわずかです。局所で分解されるため、胎児に影響はありません。しかし、痛みを我慢しても治療は母体にも胎児にもストレスになるので、事前に歯科医師と相談し、不安が大きければ出産後に治療を考えてもいいでしょう。