Wisdom tooth

親知らずあなたの親知らずはそのままで大丈夫ですか?

デンタルテラス 堀江

痛みが出てからでは
処置が手遅れに

当院ではレントゲン上で親知らずを確認し、今後痛みが出る可能性や
他の歯へ悪影響を及ぼす可能性があれば、CTで骨や神経の状態を調べ早期対処ができます。

親知らずを残していることでブラッシングの阻害も起こります。
ハブラシが届かず、親知らず自体が虫歯になり、さらに隣の歯へも虫歯が進行する恐れがあります。

当院では最新機器を使用し安心して処置ができます

危険な親知らずを放置しているとどうなる?

CT

骨の状態を断層写真で得ることができます。特に、下顎の骨の中には親知らずの抜歯には注意しなければならない“下歯槽神経”と呼ばれる太く大きな神経があります。事前に確認し安全な処置を提案します。

痛み・腫れの発生

痛みが出てからでは麻酔が効きにくく、すぐに抜歯ができないことがあります。
自然に痛みが治まっても、今後も痛みを繰り返す可能性もあります。