Whitening

ホワイトニングホワイトニングのご紹介

デンタルテラス 堀江

歯を白くしたい方!
ご存知ですか?
さまざまな方法がございます!

近年、ホワイトニングをしたいという方のお声をよく耳にします。
なぜホワイトニングをしたいと考えていますか?単純に歯を白くしたい!
そんな想いの患者様にはぜひ、さまざまな方法をご理解いただければと思います。

実は歯を白くする方法というのは、
審美セラミックやクリーニングなどもありホワイトニングだけではありません。
それぞれの治療方法によって、白さや効果など様々です。
今の患者様にあった治療方法をみつけていただきたく
今回は4つ以下にまとめてみましたので、気になる画像をクリックしてみてくだいね!

その中でホワイトニングが気になる方はこちらのページで少し詳しくご説明させていただきます。

セラミック治療について

セラミックを使用することにより、周りの歯に白さなど合わせることができ、天然の歯へ近い見た目にすることができます

クリーニングについて

歯についた歯石や着色を落とすことよって、本来の歯の色にできるだけ近づけることができます。

オフィスホワイトニングについて

ご来院頂き専用の薬剤・ライトを使用して行うホワイトニング方法で、短期間で歯を白くしたい方におすすめです。一度の来院で、高い効果が見込めますが効果の持続期間が短い為、白さを保つためには定期的に来院が必要です。

ホームホワイトニングについて

来院する必要がなく、自宅で患者様ご自身でホワイトニングが可能です。オフィスホワイトニングより効果が出るまでに時間がかかりますが、持続期間が長くご自宅でできることがメリットです。

ホワイトニングの紹介 manage the pain

オフィスホワイトニング

短時間で、歯を白くしたい方におすすめです。
歯科医院にて、専用の薬剤とライトを使用して行います。
ホワイトニングは痛い・しみるなどの声を耳にすることがあります。
当院では「ボーテ式ホワイトニング」というものを導入しています。
ボーテ式ホワイトニングは、ホワイトニングを行いながら虫歯予防にもなります。
また、施術後の食事制限もないことが特徴です。

ホームホワイトニング

短時間で、歯を白くしたい方におすすめです。
歯科医院にて、専用の薬剤とライトを使用して行います。
ホワイトニングは痛い・しみるなどの声を耳にすることがあります。
当院では「Tionホワイトニング」というものを導入しています。
Tionオフィスのホワイトニング剤は「痛い・しみるなど」をできるだけ抑える為に、日本で開発されました。
従来のホワイトニングに含まれる過酸化水素の濃度が比較的低い為、刺激をできるだけ抑えることができ、光触媒効果を利用し化学反応を起こすことのよって高い効果を得れることができます。

ウォーキングブリーチ

神経がなくなり、黒ずんでしまった歯を元の白さへ戻す治療です。
ホワイトニングだけでは、神経がなくなり黒くなってしまった歯を白くすることはできません。元々、神経が通っている管に漂白剤を流し込むことによって歯を白くします。
白さは個人差があり、また一度白くなっても後戻りするため定期的な通院が必要です。
セラミック治療をするより、安価であり痛みがないことが特徴です。

ガムブリーチング

黒くなった歯ぐきを元のピンク色(健康的な色)に戻す治療です。
紫外線などに含まれるメラニンや、口腔内にある銀によって色素、歯の根っこの色が透けるなどにより、黒ずんだ歯ぐきを専用の薬剤やレーザーを使用することによって元のピンク色に近い色を取り戻します。