Periodontal disease

歯周病口臭が気になる・歯肉が下がっている気がする

デンタルテラス 堀江

歯周病は実は怖い”病気”

周りに口臭を指摘された、または自分で気になる、歯磨き時に血が出る、
といった症状は“歯周病“の可能性があります。歯周病とは細菌感染症です。

歯肉が腫れる・赤くなる・出血などの症状は歯肉炎です。
歯肉炎は歯周病の初期段階のことです。原因はプラーク=汚れです。
白色でねっとりとしている時に臭いのが特徴です。
このプラークというのは色んなバイ菌の塊です。
歯科衛生士の指導の下、歯磨きで改善できます。

プラークの残っているところに歯石がつきやすくなります。
歯周ポケット内にプラークや歯石をそのまま残していると、歯周病菌の毒素により汚染され、
歯を支えている骨まで溶けてしまいます。虫歯でもないのに歯が揺れている、これを歯周炎といいます。このすべてを含めて“歯周病”と呼びます。

歯周病治療の取り組み treatment

歯周ポケット検査

ポケットの深さをものさし状の器具を使い調べます。ここから歯周病を読み取り、適切な治療方法を提案します。

歯の動揺度検査

歯を支えている骨が溶けると、歯がグラグラと揺れてきます。ピンセットで歯を揺らし進行度合いをチェックします。

レントゲン検査

レントゲンを用いることで、歯周病で溶かされた骨の状態を把握することができます。

SRP
(スケーリング・ルートプレーニング)

専用の器具を使って、ブラッシングではケアしきれない汚れを除去する処置です。歯と歯の間や歯周ポケットなどに溜まったプラーク・歯石をきれいに除去します。

担当制

当院の歯科衛生士は『担当』制です。
担当制にすることにより、患者様に的確なアドバイスや処置ができると考えています。
また回数が重なってくるとなんでも相談できる関係になったり、中にはプライベートの話をしたり?!と信頼関係も構築されます!

フラップ手術

重度の歯周病に適用する治療です。歯肉を切開して歯石を露出させ、歯根にこびりついた頑固なプラークや歯石、感染した歯肉を取り除くことができます。

この他にも、他院ではお手上げだった治療でも対応できる場合がありますので、
ぜひ一度ご相談ください。

歯周病のセルフチェック self-check

思い当たる症状をチェックしましょう!

全体

歯肉の症状

歯の症状

チェックが1~3個の場合

歯周病の可能性があるため、軽度のうちに 治療を受けましょう。

チェックが4~5個以上の場合

中等度以上に歯周病が進行している可能性 があります。早期に歯周病の治療を受けましょう。

チェックがない場合

チェックがない場合でも無症状で歯周病が進行することがあるため1年に1回は歯科検診を受けましょう。